くろれの黒歴史

黒歴史になりかねないいろいろを投稿します

おすすめゲーム実況

夏だ!海だ!ゲーム実況で時間を溶かす季節だ!

ということで、おすすめのゲーム実況動画を4つ紹介します。今回は縛りプレイとシュールなゲーム編です。

各実況のPart1のみ紹介していきますので、その他の回はご自身で探してみてみてくださいね。

 

 最強のバッターをつくろう!【パワプロ2012実況】

www.nicovideo.jp

私が高3の夏休みの貴重な1日をリアルに溶かした実況です。

野球選手の育成ゲームパワプロ2012決定版』の実況動画なのですが、ただの実況ではありません。

なぜなら、「最強の」バッターをつくることを目的としているから。超低確率で出現する、最初から高いステータスを持つスター選手が出るまでやり直し。リセマラってやつですね。

スター選手が生まれた後にも、力を最大限まで高めるためにある賭けに出たり、最後まで目が離せません。

私のように、野球はズムサタのプロ野球熱血情報のコーナーしか見ないって人でも楽しめました。あのコーナー面白いんで他の球団でもやってほしいです。

この動画の作者ただてるさんは、パワプロで最強のバッターだけではなく最強のピッチャーも作り出しています。そちらもかなり面白いので、最強のバッターの行く末を見届けた後はぜひピッチャー編もご覧ください。

www.nicovideo.jp

 

【実況】立海に入学した桜乃が手塚を倒すまで

www.nicovideo.jp

人間離れしたテニスでお馴染みの大人気漫画「テニスの王子様」のキャラクターたちが、珍しくちゃんとテニスをするゲームテニスの王子様 最強チームを結成せよ!』の実況動画です。

このゲームに登場する最弱のキャラクター 竜崎桜乃を最高ランクまで育て、零式ドロップを覚えさせ、大会で優勝した上で青学の部長 手塚国光にシングルスで勝つ…という縛りをかけたプレイになっています。

実況主のtowacoさんのゲームテクニック(というか知識?)のお陰でどんどん強くなる桜乃の快進撃に、思わず笑ってしまいまいました。様々な学校のキャラや技が登場するので、原作を知っていると更に楽しめます。

towacoさんはこの実況の他にもテニスの王子様 ドキドキサバイバル』という、テニスを全くしない恋愛ゲームも実況しています。

ちなみに私はドキサバよりも『学園祭の王子様』の方が好きです。マジで学園祭の王子様の乾ルートは感動するんで、エンディングでの回収が素晴らしいんで、全人類に見てほしい。あとは柳蓮二のエンディングで柳蓮二に惚れてしまった。趣味がダダ漏れ

www.nicovideo.jp

 

【実況】ハム太郎でも恋がしたい!

www.nicovideo.jp

「名作しかない」と界隈では有名な、ハム太郎のゲーム第3弾とっとこハム太郎3 ラブラブ大冒険でちゅ』ハム太郎のことを全く知らない実況者 ジャック・オ・蘭たんさんが実況しています。

ざっくり紹介すると、冒険をしながらハム語を集めて、それを駆使してハム達のラブを取り戻す…というストーリー。意味がサッパリわからないと思いますが、本当にその通りなんです。

なんとなく見始めたのですが、ハム太郎を知らないジャック・オ・蘭たんさんのコメントと、子供向けゲーム特有のどことなくシュールな雰囲気に爆笑しながら最後まで見てしまいました。

子供向けのくせにかなり細かい作り込み・やり込み要素があり、名作と言われる所以がよくわかります。やたら流れてくるすしざんまいなど視聴者のコメントも秀逸なので、そちらも合わせて楽しんでいただきたいです。

ちなみに、ジャック・オ・蘭たんさんはニコニコ超会議に呼ばれたのに呼ばれなかった」という哲学的な悲しい過去を持っています。詳細はこちらの動画を見てみてください。

www.nicovideo.jp

 

最初の草むらでレベル100にするポケモンルビー実況

www.nicovideo.jp

タイトル通りポケットモンスター ルビー実況動画なのですが、今回紹介する動画の中で1番ゲームプレイ時間が長いんじゃないかなと思っています。

ほんとにただ最初の草むらでレベル100にするだけの動画です。誰もが1度は夢見たことがあるけど、誰もやろうとしないことをやってのける鈴木けんぞうさんの努力に拍手。

オープニングなどの動画編集が妙に凝っているのが笑えます。家族の前では見ない方がいいです。(意味深)

ちなみに鈴木けんぞうさんは、色違い全国図鑑を作るという実況動画も出されています。そちらもチェックしてみてください。

www.nicovideo.jp

 

ということで、今回は縛りプレイとシュールなゲームの実況動画を紹介しました。次回はホラーゲームの実況動画を紹介します。普段ホラーゲームの実況を中心に見ているので、次回はもっとたくさんの動画を紹介できるかと思います。

最後まで読んでくださりありがとうございました。